12月のカレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
最近の日記
全体の新着
各月の日記
ユーザーRSS
藍流さんの公開日記 SSL(https)はこちら
02月22日 22:35
ぶるーへぶん
まだ魂が半分帰ってきてない気がしますが、ただいま。
……というわけで、選ばれし300の枠に紛れ込めた幸運の対価としてレポりたい。
とりあえず一言で言うと天国だった……。

ステージ開始はルカさんの中の人、浅川さんのMCから。
MDDの時も思ったけど、浅川さんのトークほんと面白い!
加えて終始客席を気遣ってくださって、前詰めてあげてーとか具合悪くなったら周りの人助け合って出してあげてねとかちょこちょこ声かけてらしたのが有難かったです。
浅川さんは3曲歌われましたが、楽屋にあった?というルカさんのタペストリー?(最後列でステージほぼ見えてないので曖昧……)をフラッグの如く振ってたのが格好良かったです。誇らしげにアピールしておられましたw
あと練習時間がなくて?ルカさんと『共演』の形になった(掛け合い等一部パートがルカ歌唱だった)のも多分クラスタ的には美味しかったのではないかとw

MEIKOの中の人・拝郷さんも私はMDD以来の拝見だったんですが、すごく姐御な、MEIKO姐さん!と呼びたくなる方でして。
「壊セ壊セ」が本当によく合ってて、格好良かった!
そして(きっと皆期待していた)風雅さんとのデュエット! MDDと同じくオンザロでした。風雅さんがくるくる踊ってらしたようで(最後列で(ry)目線交わしたりもしてらしたような(最(ry)素敵でしたー。やっぱりハモリ入ると厚みガン増しでいいよね……生だと更に。
お約束らしい拝郷さんのオリジナル曲も素敵でした。激しいのもしっとりも似合うって凄いなー。流石プロだわ……。

今回のメイン・風雅さんは流石に曲数も多かった!ヽ(*´∀`)ノ
(あ、今更ですがセトリはついったに一杯流れてたので省略してます)
意外にカバー曲も多くて、KAITO曲と半々くらいだった気が。
フラワーテイルでは「最初は皆も一緒に」と声をかけてくださって、遠慮なくあゐやゐやーできて嬉しかった……!

あとKdNが!! 私参入遅めだったのでイベント自体の事はよく知らなくて、KdLのオープニングとかで何パターンか観てる感じだったので、えっこれKdL民以外にも通じるの?!とまずそっちで衝撃でした……失礼しました←
思わず「でっ!」を口にしつつ、あれこれ弾幕ノリだけどいい?だいじょぶ?と若干不安になったりもしてました←
後から関係者各位のツイートを拝見して、改めてブワッ(´;ω;`)としてました……。
「Welcome to~」のコールも生で聞けてめっちゃ盛り上がったね……気恥ずかしいと仰るおとーさま可愛かったw

凄かったのがアンコールで、シメ(のはず)の曲行く前に風雅さんがアンコールやる宣言をw バンドメンバーがハケることもなくアンコールに突入し、こんなアンコール初めてだとバンメンの方(社長さん?)に言われてました。よくやります、と笑って流すおとーさまつよいw
そしてアンコール曲、うろたんだー! 体感的にはこの時が歓声最高潮だったと思うw アンコールとは卑怯な!!って叫びたいの全力で呑み込みました← 心の弾幕では皆言ってた!

歌だけじゃなくてトークも面白くて、伊藤社長やYAMAHA剣持さんのお話は専門的すぎてうん、わからん。なところもあったけど興味深くて。
KAITOの初期コードネームがTaroだったのはクラスタ的には有名だと思うんですけど、その話が出た後「知ってました?」って振られた風雅さんが「青廃の……って言っていいのかな、クラスタの方から聞いて~」みたいなことを言われて、まぁ会場がざわめきましたよねw
(クラスタ、と言われたかは頭真っ白すぎてうろ覚えなんですが、青廃は絶対言われた!!)

全体的に結構ゆるゆるな雰囲気で(勿論歌はビシッとキメられてましたが)バンドの入れ替えとか準備で待ちができた時に
風雅さん「ざわざわしてて」 会場「ざわ……」「ざわざわー」(言ってる) とか浅川さんが即興アカペラJBSで会場合唱したりとか。
弾幕合唱できる曲がいっぱいあったのも、会場一体感あって楽しかったし嬉しかったー!
あとサイリウムがちゃんと皆切り替えてて(私もやったけどw)浅川さん拝郷さんも嬉しそうにしてくださって良かったなーと。

トドメが「あったかいと」のPVで、出演者の方々がハケた後スクリーンが下りてきて。皆弾幕どころで合唱してて、さすが訓練されてるwと思いつつ私も参加してましたw
とにかく凄く濃厚で、ステージ上からも会場からもKAITOへの愛を感じる、ほんとに天国なライブでした。
伊藤社長が(風雅さん達からのおねだりに圧されて)またこういうイベントやりますと明言されたので(300人が証人だ!!)次も期待してます!



 * * * * *
(ここからは個人的に残念だった部分。水を挿したくない人はスルーで)

今回最大のマイナスポイントは、皆言ってますがやはり会場が。
キャパ300の少なさも改善して欲しいポイントですが、その300にさえあのハコは小さすぎたと思います。中に入って「暑くなるのでコート脱いで」ってアナウンスありましたけど、無理。直立してても周囲と触れそうなのに腕広げたり上げたり、無理です。サイリウム振るのも肘ギリギリまで自分に寄せて、前列の人の頭と頭の隙間で手首のスナップだけで振ってたので。

入場前の待機列も、私が行った時(30分前くらい)にはもうかなり長くなってましたが、「整理番号順に並んでる」と『並んでる人』から聞いて、適当なところで「何番ですか?」と自分で訊いて並ぶ場所を探さなきゃいけない状態。
せめて一人でも説明役のスタッフさん置くとか、「100,200」だけでいいから区切りを示す札用意するとか何とかして欲しかった。
集客に驚いてるような様子もありましたけど、チケット争奪戦を見ていれば予想できないことではなかったんじゃないのかな……。

あともうひとつ、これは本当に個人的な感覚なのですが、風雅さんのセトリにおけるカバー曲率がかなり多かったのがちょっと複雑。
初っ端YtoYで、大好きな曲だからイントロでわー!となって一瞬後え、KAITO曲じゃないの?となって、歌自体は(曲も風雅さんの歌も)本当に素晴らしかったのだけど……シメも(アンコールのうろたんが確定だったとはいえ)カバー曲だったし。
KAITO界隈においてはカバーの多さも特徴と聞くので、カバー曲が入ること自体はいいんです。グロ青の神まにとか狂喜しましたし。
多分これが、『風雅さんの』『ボカロ曲ライブ』だったら素直に喜んで聴いたと思う。『KAITOの10周年記念ライブ』という認識をしていたから、印象的な部分にKAITOオリジナルではなかったのが少し残念でした。
※断じてカバー曲そのものを否定的に言いたいわけではないので! そこだけは誤解なきようお願いします。
公開日記トップへ