4月のカレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
最近の日記
全体の新着
各月の日記
ユーザーRSS
千田 植さんの公開日記 SSL(https)はこちら
03月29日 00:52
ピアノを左チャネルに配置する、という無謀
別ウィンドウで開く(原寸)別ウィンドウで開く(原寸)
ステレオ出力のソフト音源の場合、センターに置いた時に一番いい音になる様に、メーカーはプリセットしていると思われます。
大抵のピアノ音源では、左手パート(低音)が左で鳴り、右手パート(高音)が右で鳴る様になっていますが、そのパンニングの変化は音域で連続的です。
何が言いたいかというと、左手パートが常に左60°、右手パートが常に右60°という感じで鳴っているのではなく、低音域になるほど左、高音域になるほど右で鳴る様になっているので、中音域はセンターで鳴るよね、って訳です。

んでね?大雑把に言って、ピアノパートを左チャネルに配置したい時、どうします?
パンを左に振れば、確かに全体的に音は左に寄るんですが、パンは単なる二連ボリュームなので、ステレオ音源の場合、左チャネルのボリュームが上がって、右チャネルのボリュームが下がる訳です。
するってえと、低音ばっかり聴こえて高音が聴こえなくなる。そりゃ右チャネルにしか高音がアサインされてないんだから当たり前だわな。

この高音落ちを回避するにはどうしましょう?
…ってかさ、そもそもさ、低音はすべからくセンターで鳴らすべきなのよ。で、高音は左右にパンして広げるべき。
さてどうしましょう?

1.ピアノ音源を左右逆転する
高音域ほど左、低音域ほど右で鳴る様にする為に、単純に左右を入れ替えます。
Logicでは「Gain」というエフェクトで「Swap L/R=ON」するとできます。(今日発見した!)

2.ステレオトラックに対して1つのパンではなく、左トラック、右トラックにそれぞれパンを適用する感じにする
なーんて言ってたら左右のトラック分離とか手順が面倒なので、Logicでは「Direction Mixer」というエフェクトを使います。
例では左45°に配置してますが、こうすると、低域がほぼセンター、中域が左寄り、高域がかなり左、という聴こえ方になります。

ぺぺ様どうよ?
公開日記トップへ